生命おどる発酵と醸造

平出油屋

製油所として油を搾りはじめたのは明治初期のこと。当時は全国に製油所が散在し、地元農家が栽培した菜種や胡麻を集めて油を搾っていたのですが、そうした製油所はほとんどなくなってしまいました。「できるだけ自然に、そして香りがよく美味しい油を」と心がけ、伝統的な玉締め圧縮法で、熱を加えず石臼の重みでじっくり搾り、水分やゴミの除去は手すき和紙で作った姿で、ゆっくり時間をかけて自然分離させました。良質の一番搾り油だけをお届けします。
< 前のページ
次のページ >
6件 [ 1-6 ]