生命おどる発酵と醸造

会社概要

商号:

株式会社  片 山

 

KATAYAMA CO., LTD

 

所在地:

〒 212-0052

 

神奈川県川崎市幸区古市場 1-34

 

卸・通信販売部

 

 

 

定休日(日曜・祝日・土曜日変則)
営業時間 9:00〜18:00
TEL  044-541-6336
FAX  044-544-0801

 

 

本店小売部

 

 

 

定休日(日曜日)
営業時間 10:00〜18:00
TEL  044-522-6233
FAX  044-544-2445

 

創  業:

昭和25年12月 1日

創業者:

片山 和蔵

設  立:

平成 2年 4月19日

資本金:

30,000,000円

役  員:

代表取締役 片山 雄介


〈代表者略歴〉

昭和31年11月

川崎市に生まれる。

昭和58年 4月

片山商店に従事

平成 2年 3月

  

「日本の伝統的な農と醸造文化の継承をめざし、21世紀の生き方・暮らし方を探るネットワーク『和蔵会』を設立。(平成12年3月解散)

平成 2年 4月

株式会社 片 山 専務取締役就任

平成14年10月

株式会社 片 山 代表取締役就任


著書に「人在りて我有り」(無尽蔵)、「家業(エコロジー)スタイルの時代」(共著・ほたる出版)、「日本酒のすすめ」(共著・新井出版社)、「からだに良い酒・うまい酒」(監修・ほたる出版)

 

主な取引銀行:

三菱東京UFJ銀行 川崎支店

 

三井住友銀行     川崎支店

 

主な取引先:

(仕入先)

 

株式会社 井筒ワイン
合名会社 大和川酒造店
エチゴビール 株式会社
小正醸造 株式会社
澤田酒造 株式会社
株式会社 寺田本家
天領酒造 株式会社

有限会社 仁井田本家

 

 

 

(販売先)

 

株式会社 伊勢丹

株式会社 近鉄百貨店

株式会社 明治屋

ム ソ ー   株式会社

株式会社 大地を守る会

コープ自然派事業連合

生活クラブ生活協同組合
生活クラブ事業連合生活協同組合連合会


事業内容

1・営業の種目

 

 

 

 

 

「生命おどる発酵と醸造」を基本テーマとし、原材料の生産からこだわりを持って醸し出した、自然酒、本格焼酎、ナチュラル・オーガニックワイン、ナチュラル・オーガニックビール、伝統本格味醂、ウィスキー、ブランデー、リキュール、料理用自然酒などの酒類の他、伝統的な製法から生まれた味噌、醤油、食酢、塩、油などの各種調味料をはじめとした食品等の輸出入および、商品企画と卸・小売販売・通信販売。

 

美味しく、健康に役立つ薬美酒類・食事の延長線としての植物性健康発酵食品・自然化粧品等の素材とその関連商品の企画及び販売。

家庭でつくれる発酵醸造食品の素材、半製品の企画及び販売。

 

日本の発酵醸造文化のルーツであるアジア各地からの酒類および発酵食品と、それらの原料の輸入と販売。

 

<特徴>

 

 

 

 

21世紀の日本社会において大切に育んでいきたい伝統的な、発酵醸造食品と、これに係わる商品をメーカーと共に考え開発し独自の商品を確立。特に、酒類業界に対しては、その伝統的な醸造技術をもって、人々の健康づくりに役立つ発酵醸造食品の開発を促し、これからの業界の可能性を模索していく。


2・会社沿革

■ 昭和25年

 

現所在地にて、片山和蔵 (昭和59年5月永眠) ・ 惠美( 平成15年3月永眠) が創業者として片山商店を開業。

■ 昭和26年

全酒類小売免許を取得。

■ 昭和46年

 

全酒類卸免許を取得。川崎市内の酒販店に酒類食品の卸販売をはじめる。

■ 昭和59年

 

「伝統的な農と醸造文化の継承」をテーマとした酒類、醸造食品の通信販売事業を全国的に始める。

■ 平成 2年

 

 

 

片山商店の個人事業から株式会社 片山と改め、全国的な卸販売事業を始める。初代、代表取締役に片山惠美 就任。同年、「伝統的な農と醸造文化を21世紀へ継承すること」を目的とした任意団体、和蔵会を設立 (平成12年3月に発展的解散をした。)

■ 平成12年

生命おどる発酵・醸造食品群の販売事業を始める。

■ 平成13年

商品企画会社、(有) 和蔵 (オフィス和蔵) を設立。

■ 平成14年

高級調味料・食べる酒「蔵の素」を発売すると同時に、各蔵元に独自の研究開発を促す。

■ 平成21年

 

 

純植物性発酵食品・「スレンダーS酵母E・B・G」及び「蔵人の酵素(顆粒状)」を発売する。この商品開発により、びわ種粉末を活用した発酵食品シリーズは4アイテムになる。

■ 平成25年

 

 

 

 

日本酒の伝統的な酒母造りに着手。
乳酸菌群の活用による健康食品の開発の準備をすすめる。