生命おどる発酵と醸造

海の精

1971年の塩田全廃により日本から姿を消した「伝統海塩」を最初に復活させたのが「海の精」です。「伝統海塩」とは、海水100%を原料に、太陽と風と火の力を使う、日本特有の伝統的製法によって作られた塩です。伝統海塩「海の精」は、黒潮に洗われる伊豆大島で生まれます。綺麗な海水を太陽と風の力でひたすら蒸発させて濃縮、その後、火で丹念に炊き上げて結晶化させています。
< 前のページ
次のページ >
7件 [ 1-7 ]